unconscious   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おのずからにじみでる
   
sb’s unconscious superiority: おのずからにじみでる品位 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 22
そうとは知らず
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 111
そしらぬ
   
do not change one’s unconscious attitude: そしらぬ顔をそのままに ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 331

意識が戻らない
   
be unconscious: 意識が戻らない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 434
何気なく
   
acquire the unconscious habit of doing: 何気なく〜する癖がつく 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 74
我知らず
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 111
眼中にない
   
unconscious of sth: 〜など眼中にない ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 125
気づかぬ
   
with unconscious crassness: 自分ではがさつさに気づかぬままに サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 20
気にもかけない
   
look royally unconscious of sb: (人など)気にもかけないように、つんとすまして O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 141
気を失う
   
drop unconscious: 気を失う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 54
少しも知らない
   
happily unconscious of the new calamity at home: 新しく家で起っていた災厄のことなどは、幸いに少し知らず ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 198
正体をなくしている
   
drunk sb unconscious: 酔って正体をなくしている(人) タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 195
正体不明
   
drink oneself unconscious whenever possible: のべつまくなし正体不明になるまで酔っぱらう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 385
潜在的
   
an unconscious desire: 潜在的欲望 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 404

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

our unconscious minds: 人間の意識下
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 162
fall unconscious: 疲れきってぶったおれてしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
unswayed by irrational fantasies or unconscious fears: 夢や錯覚ではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 36
it seems as essentially formless and unruly as the unconscious mind: もともと形がなく、秩序もない無意識そのもののようでもある
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 33
an unconscious and somewhat inconsequential habit: 無意識の、ささやかな癖のようなもの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 402
startle into unconscious mimicry: 不意を突かれて無意識に口真似する
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 32
in an uncontrollable, unconscious mimicry of ...: 〜を抗いようもなく無意識になぞって
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 349
be preserved within our unconscious minds: 人間の意識下には〜がまだ息づいている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 162
look royally unconscious of ...: 〜に全然気がつかない顔で
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 92
one’s body writhing in an uncontrollable, unconscious mimicry of ...: 〜を抗いようもなく無意識になぞって、のたうちまわる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 349