vast   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うず高い
   
vast pile: うず高い袋の山 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 194
がっしりした
   
Her hands were planted on her vast hips: がっしりした腰骨に両手がしっかりとあてがわれている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
がらんと
   
yawn vast: がらんとひらける 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 68
がらんと広い
   
in that vast landscape: がらんと広いこの景色のなかに プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 394
だだっ広い
   
In a vast unpeopled house as well, where lived only an old man and a boy: 人の乏しい、老人と少年だけのだだっ広い家の廊下のように 三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 221
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
とてつもなく大きな
   
the vast bubblelike water container: とてつもなく大きな泡を連想させる貯水槽 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 33
はろばろとした
   
be vast and vacant: はろばろとした虚しいものである 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 56
むやみにだだっぴろい
   
poorly furnished, cold, and vast: ろくな装飾も調度品もなく、いんきで、むやみにだだっぴろい ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 48

一面の
   
the vast panorama stretching out before us is really superb: 足下にひろがる一面の見はらしはじつに立派だ 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 20
果てしない
   
Then he heard nothing at all, and the quiet became vast and terrible,: そのあとはもうなにもきこえず、静寂は果てしない、恐ろしいものになった ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 245
見渡すかぎり
   
vast beaches long: 見渡すかぎり長く伸びた砂浜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 23
広い
   
The office is so vast that when I walked in he actually waved: とてつもなく広いオフィスで、戸口に一歩入ったわたしに、ジェイクは遠くから手を振ったほどだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
小山のような
   
vast woman: 小山のような伯爵夫人 アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 170
多量に
   
vast quantity of ...: 多量に〜した〜 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 112
大きく
   
vast changing democracy: 大きく変動しつつあるデモクラシー デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 37
大きく広がった
   
keep the power pouring through this vast network: 大きく広がった鉄道網の隅々に電気を供給する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 113
幅の広い
   
vast flanks: 幅の広い脇腹 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 23
野放図
   
a vast white emptiness: 白っぽい野放図もない空間 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 22
厖大な
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 158
茫漠たる
   
a vast apathy: 茫漠たる無感動 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 322

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

vast unruly community: 無秩序な大衆社会
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
vast stomach: 太鼓腹
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 299
vast bulk: 巨体
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 358
in vast despair: やけっぱちのように
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
wires stretched thin across the ground like a vast trellis: 敷地いっぱい、背の低いぶどう棚のように張りめぐらされた細いワイヤ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 53
one vast substantial smile: 満身これ笑顔と言いたいような
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 55
in the vast majority of cultures: たいていの文化圏では
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 66
great and vast projects: 壮大な計画
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 182
breast, motionless, a swift vast flood of darkness: 暗黒の奔流を静かに突き進む
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 152
a vast number of variety of objects: ありとあらゆる世上の象
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 279
a vast empty plain: 広々とした草原
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 340
a vast amount of chewing among baseball players: 野球の選手って、ものすごくたくさん、口のなかでなにか噛んでる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 281
the little wail that challenges the vast babbling of the sea: 海の巨大なざわめきに刃向かうかぼそい泣き声
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・もの』(Wind's Twelve Quarters ) p. 257
a vast body: 大きな図体
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 50
a vast dusky mass of scarecrows: 黒々と盛り上がる着たきりすずめどもの大集団
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 58
a vast enginelike sling: 巨大な機械仕掛けの投石器
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 86
vast litanies of detail: 実に膨大なディテールの積み重ね
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 31
vast roaring fireplaces: ごうごうと燃える大きな暖炉
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 70
a vast well-produced, splendid show: 巧みに演出された壮大なごまかし
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 192
be so vast that ...: とてつもなく広い〜で、〜するほどだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
vast sum of ...: 大枚〜
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 272
in the vast throng: 群衆のなかを
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 438
unheeding in a vast indifference: まったくの無関心
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 18