warning   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
さとすような
   
a warning tone: さとすような口調 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 177

威嚇
   
fire warning shots in the air: 威嚇射撃を何発か放つ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 252
危険の
   
warning signs: 危険の兆候 イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 27
気配
   
Winter was already waiting, its warnings everywhere,: 冬はすでに待機中で、その気配はいたるところにあった フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 358
疑問
   
fill up a page with warnings on ...: 〜に疑問を呈する エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 221
警戒
   
early warning signal: 警戒警報 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 356
警告
   
sb’s warnings wear on: (人の)警告が調子をあげる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 262
let you off with a warning: 警告にとどめて見逃す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
let sb off with a warning: 警告を与えただけで(人を)自由にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 210
address a warning to sb: (人に)ひとこと警告する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 469
警告の
   
dart a warning look at sb: 鋭い警告の目で(人を)見る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
叱責の
   
catch a warning look from sb: (人)からは叱責のまなざしを受ける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 50
説得
   
the warnings are gentlemanly: 説得と警告は紳士的である ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 30
前ぶれ
   
without warning or preamble: なんの前ぶれも前置きもなしに ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 462
without warning: なんの前ぶれもなしに ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 199
without any real warning or connection: 何の前ぶれもなく、だしぬけに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 296
前触れ
   
without warning: 何の前触れもなく ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 377
注意
   
sb’s anxious warnings: (人の)注意 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 191
注意事項
   
posted capacity or warning: 定員や注意事項の表示 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 12
予感
   
without prior hint or warning: なんの予兆も予感もない フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 7

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

without warning: いきなり
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 259
without warning: とつぜん
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 156
without warning: にわかに
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 94
without warning: 何の前後の脈絡もなく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 87
shout without warning: いきなりわめく
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 50
despite sb’s warnings: (人が)とめるのもきかずに
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 9
act without warning: 不意打ちをくわせてくる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 243
‘warning stick’: 警策
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 260
with no warning of any kind: なんの前兆もなく
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 199
just for a lesson and a warning to sb: いい戒めになるから
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 241
it is an awful warning to sb: (人は)よっぽど考えなくちゃ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 204
flick one’s head without warning: 頭をとつぜんいきおいよくふる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 32
be a kind of warning: 符牒があう
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 79
announce, suddenly and without warning that ...: やぶから棒に、〜と言い出す
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 211
after sb’s warning: (人)から警告を受けたあとでは
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 409
once again I’m warning you not to do: くれぐれも〜しないでください
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 5
possibly A’s apparent frankness was a means of seizing the initiative and warning B not to intrude into this mystery: 磊落を装って、先手を打って、その秘密には触れるなと警告を発しているようでもあった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 55
a weather report came warning about ...: 〜が来るって天気予報があった
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 46
give sb fair warning: (人に)前もって警告をしておく
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 77
have no fore-warning of ...: 〜を知らされない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 358
They gave me frequent warning to start applying myself: 勉強しろという注意はちょいちょい受けてたんだけどね
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 9
But outsiders saw the warning signs that most Beirutis ignored: だが、外部の者の目には、ベイルート人が看過している危険の兆候がよく見えた
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 27
Indeed, ..., he even managed to bring a note of warning to his voice.: いやむしろ、声に警告のひびきすらこめてきた。
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 231
latent warning: 虫の知らせ
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 274
That was needless warning number one: しかし、これほどムダな注意もなかった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 440
the same old warning: いつかと同じ忠告
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 239
that was needless warning number one: これほどムダな注意もない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 440
Quickly, without warning my father offered to buy me a chemistry set: 出し抜けに、なんの前触れもなく、父が僕に化学実験セットを買ってやると言い出したのだ
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 51
a weather report came warning about a tropical storm: 熱低が来るって天気予報があった
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 46
rush at sb without warning: 〜に俄然として心づく
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 159
take the warning seriously: 警告を真にうける
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 113
without warning one would sob uncontrollably: ふいにたえきれない嗚咽で居たたまれなくなることがあった
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 189
the warning seems not unnecessary: この注意はむだではない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 212
without warning: なんの前触れもなく
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 51
without warning: 何の予告もなく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
without warning: 出し抜けに
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 450
without a word of warning from sb: (人)からはなんの前ぶれもないうちに
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 91
I’m warning you: 月夜の晩ばかりじゃないわよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160