wave   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ぐるぐる回す
   
wave one’s right hand triumphantly: 右手をぐるぐる回す 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 53
さやさやそよぐ
   
till it glides gently in among the waving rushes: やがて灯心草のさやさやそよぐ茂みにすうっとすべりこんでいく ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 98
しぐさ
   
make the disowning wave of one’s hand: 手で打ち消すようなしぐさをする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 313
そよぐ
   
waving green trees: 風にそよぐ緑の木々 O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 137
ちらつかせる
   
wave one’s identification card in sb’s face: 身分証明書を鼻先にちらつかせる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 117
なびく
   
wave in the breeze: そよ風になびく ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 48
the black flag waves night and day from the great tower of ...: 〜の塔からは、昼となく夜となく、黒い旗がなびいている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
ひらつかせる
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 273
ひらひらさせる
   
wave two red gloves: 両手の赤い手袋をひらひらさせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 405
ふりまわす
   
wave one’s hands around: 手をふりまわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
ふる
   
wave an arm grandly at sth: 〜に大仰に手をふる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 117
ゆれる
   
be waving gracefully about in the wind: 風にたおやかにゆれている ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 33

   
a little wave of uneasiness: かすかな不安の影 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 278
海原
   
grey waves with white heads: 灰色の海原の中に白い波頭が立っている ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 18
手でうながす
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 286
手で示す
   
wave to sth: 〜を手で示す クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20
wave sb in before one: 先に乗れと手で示す セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 95
手をあげる
   
wave cheerfully: 陽気に手をあげる 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 20
手をふる
   
wave goodbye: いっておいでと手をふる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207
wave farewell: 別れの手をふる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 21
手を振る
   
wave sb over: (人に)手を振る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 158
wave sb off: 追い払うように手を振って(人を)さえぎる オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 30
Connie Nova and Spuds holler and wave: コニー・ノヴァとスパッズは声を上げて、手を振る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 370
手招きする
   
wave for sb to follow: ついてこいというふうに手招きする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 37
振り
   
make a bouquet of flowers disappear with a wave of one’s hand: 手の一振りで花束をさっと消す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 287
振りまわす
   
wave all over the place: やたらめったら振りまわす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 126
振る
   
wave a hand: 手を振る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
give sb a little wave: (人に)ちょっと手を振る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 361
a wave of the hand: 手を振って デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 402
浸す
   
a wave of bitterness pass over sb: 苦い思いが(人の)心を浸す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 110
吹き荒れている嵐
   
takeover and buyout wave in ...: 〜を吹き荒れている企業買収の嵐 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 197
息吹き
   
present an odd contrast to the wave of nationalism then surging through the country: 現在この国に澎湃とみなぎっているナショナリズムの息吹きと一見奇妙なふうに入りまじっている 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 66
大波
   
swell to one’s eyes, and break like waves: たちまち目の中は涙でいっぱいになり、大波のようにあふれ出す ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 50
   
din of waves: 潮の高鳴り 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 21
   
wave of dislike: 不快な波 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
the waves begin to be waves: 波がうねりを増す ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 272
horrible wave of shame: いてもたってもいられないほどの恥ずかしさの波 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
fly in three wave with four or five planes in each wave: 三波に分かれて各波四機ないし五機、〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 386
feel that fainting wave of emotion: あの気が遠くなるような感情の波をおぼえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
come in waves: 波状に襲ってくる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 578
be washed by endless waves: たえず波に洗われている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 125
as if in the motion of a great wave: 大きな波にさらわれるみたいに プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 297
a dark wave: 黝い波 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 173
揺らぐ
   
till it glides gently in among the waving rushes: 揺らぐ灯心草の茂みのなかへすーっとすべり込む ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 106

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

waves of lust: 激しい情欲のごときもの
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 168
waves of green: 緑色の波がうねっている
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 24
wave through: 黙って通す
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 68
wave sb inside: 入れと合図する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
wave sb back: 手を振ってそれを押しとどめる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 42
wave sb away: 手を振って断る
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 172
wave ripples: 波形
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 59
wave back: 手をふりかえす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207
wave at sb: (人の)鼻先につきつける
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 222
shock wave: 動揺
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 515
roaring of the waves: 海鳴り
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 87
innocuous wave motion: とくにどうということのない波動
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
a heavy wave: 激浪
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 388
with hair bristls in recurrent waves: 周期的に毛を逆だて
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 140
waves of vague sleepiness: うつうつとした眠り心地
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 95
waves of feeling one have for sb: (人が)出してる電波
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 142
wave the moral inconsequently aside: 教訓をそっちのけにする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 86
wave the bat once or twice out: 一回二回と軽く素振りをくれてやる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
wave sth in the air: 宙高く振りかざしす
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 130
wave sb to be seated: まあまあと宥める
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 53
wave one’s fistfuls of dollars: 札びらを切る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 59
wave one’s cap in the air: 有頂天になる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 139
this wet expanse of grass flows on like waves into the distance: 草の波はどこまでもしっとりと濡れて続く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 114
the sound of the wind reminded me of breaking waves: 風の渡る音が打ち寄せる波涛のように聞える
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 21
the fading light presses in waves upon sb: うす闇がひたひたと押しよせる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 108
soft, brown-tinged waves of one’s hair: いくぶん茶がかった懶げな髪
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 130
say, waving one’s arms: 手ぶりを加えながらいう
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 237
on a wave of impulse: 衝動のおもむくままに
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 301
never-ending waves of sb: つぎからつぎに押し寄せる(人)
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 21
great, ranged waves of the far Alps to the west: 西方に波濤のように遠望されるアルプスの峰々
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 155
feel a wave of nostalgia: なつかしさを感じる
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 61
feel a great wave of affection pass through one: 懐かしさを覚える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 45
casually wave sb into ...: 〜に(人を)招き入れる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 198
be swept by a wave of happiness: 急に楽しくなってふふんと笑う
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 34
be on the crest on a wave: 気持ちが昂ぶっている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 48
be hit by a swirling wave of static: 電波の嵐がくるくる回って襲ってくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 246
arrive on a wave of deja vu: 立て続けに既視感に襲われる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 384
an angry wave of humiliation sweeps over one: はらわたの煮えるような屈辱を感じる
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 77
a wave of sickness hits sb: 胸がむかつく
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 207
a wave of self-reproach sweep through sb: (人は)自責の念にさいなまれる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 341
a wave of laughter comes over sb: おかしくなる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 191
a wave of happiness comes over sb that ...: 〜ということで(人が)すごく幸せな気分になる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 261
a wave of distress sweep over one’s face: (人の)顔を不安がかすめる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 181
a wave of dismay: にわかな気遅れ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 187
a wave of desire: 身体を突き上げてくる欲望
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
a fresh wave of indignation: またひとしきり憤懣をぶちまける
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
wave merrily after sb: (人の)背に向かって、勢いよく手を振る
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 100
wave one’s hand airily: 大きく腕をふりまわす
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 239
wave her tail at anyone at all: 誰彼の区別なく尻尾を振る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 122
wave back: 手を振ってそれに応える
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 13
wave blindly about: 激しくもがく
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 67
the bore of soft snow that surges like a wave before sth: 波のように押し寄せてくる柔らかい雪の津波
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 10
a wave of horror break over sb: 恐怖の波が(人に)襲いかかる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 438
catapult crazily from wave-top to wave-top: 次の波頭から波頭へ狂ったように跳躍する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 387
wave of hysteria rise to sb’s throat and are choked back again: ヒステリックな発作が波のように喉もとにこみあげ、やっとのことでおさまる
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 21
excuse oneself from sth with a curt wave of the hand: にべもなく手を振って辞退する
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 106
wave a dismissive hand: もういいというように手を振る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 214
give an elaborate wave: 大仰に手をふる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 169
wave extravagantly back: メチャクチャに手を振ってそれに応えた
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 13
with a facetious wave to sb: (人に)おどけて手をふる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 127
give sb a fat wave: 大仰に手をふる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 282
wave one’s free hand about: 空いているほうの手を振る
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 104
at wave-top height: 波頂すれすれの高度で
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 387
with an impatient wave of one’s hand: 乱暴に手を振って
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 244
Maybe all he did was wave his service pistol at sb: もしかしたら彼だって、軍隊にいたときに使っていた銃を(人にむかって)ふりまわしただけかもしれないし
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
reach ... a miniature tidal wave: 高波のように(場所まで)寄せてくる
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 105
the biggest wave of the day chooses this moment to come along and soak sb from stem to stern: いきなりザンブと大波がきたと思ったら、もう(人は)頭のテッペンからどこからどこまでズブ濡れになっている
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 52
float away on a fresh wave of narrative: あらたな饒舌の波に乗って流れだす
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 30
say with a negligent wave: 屈託なさそうに手をひとふりする
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 111
two opposing wave systems: ふたつのべつべつの波
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 166
overwhelm by a wave of almost platonic tenderness: ほとんど男女の関係を抜きにした思いやりの気持ちが湧き上がってくる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 133
shock wave ripples across one’s face: (人の)顔に動揺が走る
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 515