weep   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
さめざめと泣く
   
Then she began to weep: やがて彼女はさめざめと泣きはじめた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
しくしく泣く
   
weep like a baby: 赤ん坊みたいにしくしくと泣く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 430
すすり泣きをする
   
weep in large, flat sobs that make sb whole body quake: 全身をふるわせ、声をあげて、いつまでもつづくようなすすり泣きをする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 333
めそめそ泣く
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 384

泣きくずれる
   
lay on the bed and weep: ベッドにつっぷして泣きくずれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 295
泣きじゃくる
   
weep harder: いよいよはげしく泣きじゃくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 284
weep against one’s fur: (動物の)ふんわりとした身体に顔を埋めて泣きじゃくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
泣きだす
   
weep openly and unashamedly: 手放しで泣きだす 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 188
泣きはじめる
   
weep openly: 人目もはばからずに泣きはじめる ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 461
泣く
   
weep so long, so loud and pitifully that ...: 悲痛な声でむせび泣き始めたので〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 78
weep unashamedly for sb: (人)恋しさに臆面もなく泣く ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
weep unaccountably: わけもなしに泣きだす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 246
weep in hoarse: 声をからして泣く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
weep and pummel sb on the back: おいおいと泣きながら(人の)背中をばたばたと叩く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 99
weep all through ...: 〜のあいだ泣きどおしに泣く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 417
weep all one’s shame and remorse and disappointment into one’s pillows: 枕につっぷして恥も後悔も失望も思いっきり涙に替えて泣く ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 142
burst out weeping: わっと泣きだす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 118
be bent over, silently weeping on the floor: 身体を前に折り、床につっぷすようにしてさめざめと泣く タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 142
大粒の涙をこぼす
   
be weeping endlessly and silently: 声は立てずに、とめどもなく大粒の涙をこぼしている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 283
涙がこぼれる
   
could easily have wept oneself: いつ涙がこぼれてもおかしくなかった デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 355
涙にむせぶ
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 263
涙を流す
   
weep buckets: バケツで汲むほど涙を流す ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 49
after a violent fit of weeping: 激しい発作に襲われたようにひとしきり涙を流したあとで カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 154

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

weep with despair: 悄然としている
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 178
weep noisily: 泣きじゃくる
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 278
weep copiously: さめざめと泣く
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 388
weep bitterly: おいおい泣く
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 66
start weeping: ぽろりとする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 247
find oneself weeping: 涙がぽたぽた落ちた
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 88
weep into one’s pillow: 顔を埋めた枕は、涙でぐっしょり濡れそぼっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
before sb had quite finished reading sb started weeping so copiously that ...: (人は)みなまで読まぬ先においおい泣きだし〜
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 251
be beginning to weep: そろそろと涙を流しはじめる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 94
weep bitterly: 悲痛な声をしぼって泣く
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 299
weep brokenheartedly: さめざめと泣く
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 130
weep as one who refused to be comforted: 身も世もなく泣く
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 256
weep more and more convulsively: いよいよはげしく泣く
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 21
weep wildly and formally: 激しく、だが作法にのっとって泣く
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 218
weep heedlessly like little children: あたりかまわず幼児のように泣く
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 184
weep helplessly: メソメソ泣く
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 119
become hysterical and weep wildly: もう収拾もつかないほど泣き乱れる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 187
there is still some juice left in sb--enough to weep: まだ涙を流す感情を残している
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 40
weep openly: 手放しで泣く
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 36
quietly weep: 声をしのばせて泣く
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 410
weep as one who refuses to be comforted: 身も世もなく泣く
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 256
silently weep: さめざめと泣く
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 142
weep silently, and make no answer: ただ泣くばかりで、ひとことの返事もせず
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 134
weep silently: 声もなく泣く
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 45
silently weep: 声をのんで泣いている
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 84
weep weakly and without volition: 腑抜けのように泣きじゃくる
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 60
weep all the way back to Green Gables: 道々泣きながらグリン・ゲイブルスに帰ってくる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 185
be leaning on sb while one weep: (人に)もたれて泣く
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 399