whatever   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜はどうあれ
   
whatever the reason it was ...: 理由はどうあれ、それが〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187

いくばくかの
   
whatever money sb bring from ...: 〜で稼いでくるいくばくかの金 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 469
いっさい
   
have no involvement whatever ...: いっさい関係していない ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 35
ことごとく
   
admire and cling to whatever Englishness endure in India: インドに残っている英国的なものをことごとく礼讃し、懐かしむ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 104
ぜんぜん
   
make no resistance whatever: ぜんぜんさからわない ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 192
その他もろもろ
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
それはともかく
   
Whatever: それはともかく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 69
たとえどんな〜
   
whatever one’s evasive maneuvers: たとえどんな逃げの手を打とうと トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 349
ちっとも
   
make no resistance whatever: ちっとも逆らわない ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 203
とにかく
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 92
ともかく
   
whatever the reason: 理由はともかく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 30
どうあれ
   
whatever the reason: 理由はどうあれ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 341
whatever the cause: 事情はどうあれ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 400
どういうことか
   
whatever the hell that means: どういうことかわからんが クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 390
どうころんだって
   
Yeah, just a prank, whatever it was: そうさ、どうころんだってただのいたずらさ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
どちらにしても
   
the answer, whatever is no: どちらにしても拒否であることはたしかだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
どんな
   
whatever you’re up to: どんな任務か知りませんが クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 190
どんな〜だか知らないが
   
whatever idol sb worship: (人の)崇拝するのがどんな神だか知らないが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 107
どんなふうに
   
whatever constitutes a good time: どんなふうにお楽しみいただこうと タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 237
どんなものであれ
   
whatever truths and rumors one learn: 知りえた事実や風聞はどんなものであれ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 576
なんだか知らないけどなにか
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 39
なんでも
   
whatever the fuck you want: したいことはなんでも タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 237
なんと
   
whatever else you could say about sb, ...: なんと言っても〜 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 17
まるで
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 193

一片の
   
have no doubt whatever: 一片の疑念も持たない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
何か
   
or whatever: 〜か何か デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 61
何でもいいが
   
whatever sb’s name is: 名前は何でもいいが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 329
何によらず全部
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 343
出来るだけ
   
it’s a crime not to make the best use of whatever ability one has: 人は自分の持っている才能を出来るだけ働かせなくては嘘だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

whatever that is: ま、その手のやつ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 165
whatever sth: いかなる ...
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 35
whatever seems interesting: 好き勝手に
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 203
whatever sb do: でもとにかく、そういうことをするもんだから
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
whatever one do: どう転んだところで
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 200
whatever it is: なんだか知らないけど
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 324
whatever happened, ...: なりゆきがどうであれ、〜
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 216
whatever are we to do with you?: 困るなあ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 224
whatever ...: いずれ〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 297
or whatever: いや、なんでもよいんですけど
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 397
for whatever reason: どういうわけか
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 187
call it whatever: 呼び名はどうでもいいけれど
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
AA whatever-her-name-was: AAなんとかさん
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 83
... or watever: 〜せよ何にせよ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 226
with whatever seem to work: 何らかのかたちで
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 50
whatever you do, don’t let sb tell ...: とにかく〜は絶対に内緒だぞ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 356
whatever you do, ...: くれぐれも〜
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 188
whatever sth be like: どんな姿をしているかは知らないが
whatever one may write about in one’s fiction: 作品の上ではともかく
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 30
whatever it might be: なににもせよ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 91
whatever else there is: なにがあろうと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
whatever bad news lies in wait: どんなに悪い知らせだろうと
walk out whatever one want under one’s arm: ほしいものをひっつかんで出ていく
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 475
take helpless note of whatever one see: 現状を現状のまま受取る
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 164
stagger along in whatever direction the crowd carry sb: 人波に押されるまま、よろめきながら歩く
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 58
set to with a will in whatever way seems fit: 然るべく立ち働く
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 230
or whatever it be: それはともあれ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 42
listen to whatever it is: 何の音だろうと耳を澄ませる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 145
kill whatever hope has been left for sb: (人に)まだいくらか残っていた希望を無残に打ち砕く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 125
I’ll bet whatever sock sb keeps sb’s mad-money in is flat: へそくりをカラにしちゃったことだけはまちがいないわね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
freeloaders out for whatever they can get: 腹に一物のあるたかり屋
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
do whatever one can reasonably do to help sb do: まともな手段で(人が)〜できる方法があるなら、なんでも力になる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 457
corrupt whatever dreams one may still have: 抱いている夢を壊わす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 478
buy all sth at whatever price sb demands: 相手の言う値でそっくり(物を)買い取る
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 20
..., or whatever one is,: 〜のような人
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 276
become absolutely absorbed for the moment in whatever one takes up: なんでも手を染めたことには瞬間的に無我夢中になる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 202
be resigned to accept whatever bad news lies in wait: どんなに悪い知らせだろうと驚くものではない
blow whatever good time one have accrued: 手に入れた特典を台なしにする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 330
release whatever it had begin in one: 〜の中に宿った何かを解き放つ
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 149
think better of whatever one had in mind: 何にせよ自分の考えを口にするのはあきらめたようだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 79
whatever remains of the bits and pieces: がらくた同然
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 255
But western Germany is going to buy whatever has to be bought: それでも西ドイツは、必要なら金を出すだろう
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 130
do whatever the situation calls for: すべて臨機応変の処置にする
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 42
"Kid," he said, "whatever you do, don't throw this guy a change: 「おい」とパーネルを呼んで「あの男にはチェンジアップだけは投げるなよ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 247
relax in whatever posture they choose: 思い思いの姿で寛ろぐ
三島由紀夫著 ドナルド・キーン訳 『宴のあと』(After the Banquet ) p. 20
whatever the circumstances: どの角度から見ても
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 140
whatever justice one claim: どんな大義名分があったって
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 210
lashing out at whatever comes nearest to hand: 八つ当たり
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 77
whatever the consequences: あくまで
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 380
whatever the distractions: こうした邪魔があったにせよ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 98
dug sb out from beneath whatever rock sb have been hiding under: 草の根を掻き分けても(人を)見つける
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 628
whatever one’s private reservations about sb’s widening embrace: (人の)支配圏拡張にひそかに危惧を寄せつつも
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 90
evince no recognition whatever of the existence of sb: いっさい(人の)存在を無視する態度に出る
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 352
fill up with whatever one could get: かたっぱしからかかえこむ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 364
Of his generalship, on the other hand, Toby had no doubt whatever: ただし、彼の指揮官たるの手腕には、トビーは一片の疑念も持たなかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
you get whatever you want: 欲しいものはなんでもあげる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 54
toward whatever gods of peace and good-will: 平和と善意を司るすべての神々に届けとばかり
Thus gradually whatever she was waiting for ceased to exist: こうしてだんだん彼女の待っているものは、存在しなくなっていった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 25
whatever sb’s bad habits: (人の)素行がどれほど悪いものであれ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 180
A computer wizard, hack-off, hacker, whatever that is: コンピューター・マニア、ハッカー、天才的おたく族、ま、その手のやつ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 165
whatever happened to ‘innocent until proven guilty’: 有罪と決まるまでは無罪と推定するんじゃなかったかしら
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 26
ignore whatever is said to sb: 何を言われても相手にしない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 199
for whatever reason, seem immune to ...: なんの因果か〜に強い
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 95
whatever has induced sb to do such a thing?: どうしてあんなことをしたのか
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 212
be prepared and willing to do whatever is necessary to do: 〜するためなら、必要なことは進んでやるつもりだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 489
Now we can get on with whatever else there is: ここから先はなにがあろうと五分と五分よ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57agree