whether   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜であろうとなかろうとおかまいなく
   
nod to all and sundry you meet one the road whether you know them or not: 知っている者であろうとなかろうとおかまいなく道で行き会った者にはだれにでも会釈する ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 17
〜と〜まいと
   
whether it makes sense or not: わけがわかろうとわかるまいと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
〜はともかく
   
whether sb knew it or not: 本人が知っているかどうかはともかく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 204
〜は別にして
   
whether you like it or not: 好きか嫌いかは別にして タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 117

ありなし
   
cannot determine whether one feel any professional pride: 職業的な矜りのありなしを量りかねる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 31
かかわらず
   
whether it takes place or not: 〜の成否にかかわらず ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 283
かどうか
   
wonder whether ...: 〜かどうか、わからない 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 5
ではなかろうか
   
wonder whether ...: 〜ではなかろうかと考える ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 257
はたして
   
whether trouble and anxiety are good things or not: 気苦労やら心配やらが、はたしていいものかどうか デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 7

果たして
   
whether it is good for sb to do ...: 〜しておくことが、果たして(人の)ためにいいかどうか ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 175
問わず
   
whether in the East or in the West: 洋の東西を問わず 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 81

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

whether trash or treasure: 玉石混淆
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 60
whether or no: それはとにかく
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 230
whether one like it or not: 嫌でも
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 94
whether the idea appeals to sb or not: そう思うのは(人の)気に入らないかもしれないけどね
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 294
whether sb would or not: いやおうなしに
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 140
whether sb like ... or not: (人の)意思とは裏腹に
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 465
whether or not you do ...: 〜するのがきみであれ他のだれであれ・・・
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 20
whether one is right or wrong: 理否を度外に置いても
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 192
whether one does or not: 実際はどうであろうと
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 272
whether AA, BB, or CC: AAしかりBBしかりCCまたしかり
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 87
whether ... or ...: 〜か、それとも〜すぎないのか、その当否はおくとしても
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
not caring whether one get splashed or not: はねの上がるのも構わずに
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 221
I wonder whether sb can actually see anything: ちゃんと見えているんだろうかね
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
I have no idea whether or not ...: 〜について、わたしはなんとも言えない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 387
have to do whether sb want ... or not: (人の)意向のいかんにかかわら、〜しなくてはならない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 465
don’t know whether ...: 〜かどうかは疑問だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 213
do not know whether it is ... or ...: 〜とも〜ともつかない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 138
ask oneself whether one has lost one’s sanity: 自分の頭がどうかしたのではなかろうかと疑って見る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270
ask sb over and over again whether ...: 〜だろうとうるさく言う
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 215
debate whether to have another cup of coffee: コーヒーをもう一杯お代わりしようかと考える
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 22
Ted looks at the phone as if pondering whether or not to answer it: テッド、出ようか出まいか決断のつきかねる様子で電話機を見つめる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 188
establish whether anything had changed: なにか変化があったかたしかめる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
Doubt whether we could get a shallow enough setting anyway: どのみち、この相手に向くほどの浅深信管調定は無理でしょう
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 46
wonder whether it is an art one might apply to oneself: 自分自身にもこんな術をほどこせたらどんなにか素晴らしいだろう、と夢見る
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 114
argue over whether ...: 〜でもめる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 274
as if pondering whether or not to do ...: 〜しようかしまいか決断のつきかねる様子で
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 188
try to determine whether sb be asleep: (人の)寝息を窺う
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 67
ask sb whether sb want the ball high or low: (人に)高目がいいか低目がいいかをたずねる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 302
begin to wonder whether ...: ふと〜だろうかと思う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
begin to doubt whether one feel any love for sb: 自分が(人を)愛しているのかどうかあやふやな気がする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 175
it boils down to whether or not sb can trust me: 要は(人が)僕を信頼してくれるかどうかに尽きる
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 54
can’t remember whether ...: 〜かどうか自信がない
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 53
do not care whether ...: 〜しようがどうしようが、そんなことは気にもとめない
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 113
no longer certain whether to do: もう〜したものかわからない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 339
whether it comes to sb in December or late August: 十二月だろうと、八月の暑い盛りだろうと
never dreams of considering whether the idea is right or wrong: その思想が正しいものか、それとも間違ったものであるかをじっくり考えてみることなどおもいもよらぬのだ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 20
whether or not sb’s theory is correct: その説の真偽はさておくとしても
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 13
do not know whether to laugh or cry: 笑ったものやら、泣いたものやら、思案に暮れる
debate whether to take the plunge: 思い切って一歩踏みこんだものか、決めかねる
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 75
debating whether one should stop somewhere for a quick something to eat: どこかで軽く何か食べていこかうと考える
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 45
debating whether ... or ...: 〜しようか、それとも〜しようか、と心の中で考えている
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 75
debate whether to do: 〜しようか迷う
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 107
debate whether AA or BB: AAかBBか思案する
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 299
debate whether ...: 果たして〜かどうか議論を戦わせる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 198
can not, for the life of one, decide whether ... or ...: 〜か、〜か、全然わからない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 231
try to decide whether to believe sb: (人の)言を信じたものかどうか考える
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 163
have to decide rapidly whether to do or not: 一瞬、〜するべきかどうか、判断を迫られる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 327
have been trying to decide whether or not to do: 〜かどうか、とつおいつ思案している
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 273
demand to know whether ...: 〜なのかといってやる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 471
a lot depends on whether ...: 〜かどうかによって問題は大きく変わってくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 302
be destined to follow sb’s lives whether one want to or not: どう転んでも、(人)も(人と)同じ運命を辿ることになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
Often his courtroom decisions had determined whether a man lived or died: 判決によって人の命を左右したことは何度かある
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 223
it is difficult to determine whether A or B: Aか、それともBなのか判じかねる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 67
have been unable to determine whether ...: 〜という確証をつかめない
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 71
can’t determine whether sb feel any professional pride: (人の)職業的な矜りのあるなしを量りかねる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 31
whether it is ... or ... is difficult to say: それが〜のせいか、それとも〜かは定かではない
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 82
in dispute as to whether ...: はたして〜か、疑問視する声もある
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 23
be divided on whether to do: 〜するしないで、意見がわかれる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 10
I doubt whether ...: 〜かどうか疑問に思う
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 216
doubt whether ...: 〜とは思えない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 328
one doubt whether ...: 〜は無理だろう
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 46
end any doubts about whether ...: 〜であることがはっきりする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 64
doubt very much whether one wishes to do: 喜んで〜しようとは思わない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 82
can’t tell whether it is due to affection or hatred: 愛情とも憎悪とも区別のつかぬ
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 65
A lot depends on whether he can duplicate it: ただ、彼がこのショーを再現できるかどうかによって問題は大きく変わってくるのではないでしょうか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 302
But he doubted whether the music would have been enough: だが、音楽ぐらいでこと足りたとも思えなかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 328
whether I ever really said such thing: こんな発言をしたのかな
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 64
ask sb whether everything is O.K. in ...: 〜は変わりないか、と尋ねる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 62
without stopping to examine whether one’s hopes are fulfilled: 立ち止って(人を)望みどおりにしてやったかどうか見きわめもせずに
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 57
I mean I finally quit worrying about whether they'd catch me home or not: つまり、うちに帰ってることをつかまるか、つかまらないか、くよくよ心配するのを、やっとやめたというわけだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 253
let’s go and find out whether ...: 確めに行こう、〜かどうか
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 38
find out whether ...: 〜かどうか確かめる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 252
feel a peculiar fluttering about one’s heart, whether of fear or joy or both one doesn’t know: 怖いような嬉しいような気分が心を擽る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 38
It's not a question of whether I forgive you or not: かんにんするも、せんも・・・
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 39
at first glance one can not tell whether ...: 瞥見しただけでは〜と見分けがつかない
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 139
keep worrying about whether sb is going to do: いまに〜しないかと気になって仕方がない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 183
it is hard to tell whether ... or ...: 〜か〜か知らない
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 197
whether one is on one’s head or one’s heels: 気はたしかなのか変なのか
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 91
hesitate whether to do: 〜したものかどうか、ちょっと考える
hesitate whether to do: 〜したものかどうかと迷っている
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 41
wrestle with the idea of whether to do ...: 〜すべきかどうか思案に暮れる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 117
be in two minds whether to do or to do: 〜するか〜するかの二つに迷う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 51
seek to know whether ... or ...: 〜かそれとも〜か、それもいま詮索する
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 48
never know whether ... or ...: 〜か〜か一寸先はわからん
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 369