winter   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
   
winter has come and gone: 冬が来て尽きる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 273
the silence of winter’s dark: 物みな息を潜める暗黒の冬 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 158
the cold of early winter: 初冬の寒さ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 219
middle of winter: この冬のさなか カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 183
in the sullen dwindling light of winter: どんよりした冬の陽が薄れるなか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
in the subdued elements of winter: 冬のどんよりした〜のなかで トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 182
in deep, spiritual winter: どんよりと雲が垂れ込めた冬のさなか フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 166
here, in the dead of winter: 冬のさなかだというのに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
feel winter emerging from the fall: 秋風の中に冬の気配を感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433
冬の
   
winter home: 冬の別荘 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 54
sit around in one’s winter ash heap: 冬の寒さに縮こまる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 166

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

spend the whole winter: 冬を越す
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 195
in the dead of winter: 真冬の
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
an end-of-winter dullness: 晩冬のものうい気分
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
the last of the winter’s snow have melted: 根雪がすっかり溶けてしまった
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 19
the almost inaudible touch of winter rain: 音のないようなしぐれの音
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 232
have winter in one’s beard: 鬚に白いものが混じる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 387
all winter: 冬のあいだじゅうずっと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 259
hold the first hint of winter’s approach: 冬の訪れが近いことを思わせる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 121
winter arrived: 季節はもう冬に入っていた
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 25
a cloying winter fog: 気のめいるような冬の霧
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 403
look so clumsy with one’s winter hair: いまは冬毛で見るからにみすぼらしい
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 41
a fiercely cold winter’s night: 木枯しのきつい冬の晩がただった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 48
dark grey winter sky: 鈍色の冬空
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 189
the deep winter comes early: 冬ははやく深まる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 362
winter dusk time: 冬の黄昏
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 77
one’s hip gives one trouble every winter: 打った(人の)腰は冬になると必ず痛む
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 53
in the winter the winds are fierce: 冬の風は刺すようなきびしさだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
be a spring-time in the haggard winter of sb’s life: 霜枯れ果てた(人の)生涯の冬に春の光をもたらす
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 65
the hard warm winter rains: 暖かい冬の豪雨
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 91
have food during a cold, dull winter: 寒い退屈な冬の間、食べるものに不自由しない
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 42
with her winter suit-skirt hiked up: 冬服の裾をたくしあげ
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 46
in the winter: 冬には
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 120
in the winter: 冬の最中に
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 132
sb’s warmth keeps the winter cold at a distance: 身うちに冬の寒夜をものともせぬ温気がこもる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 100
from somewhere in the low, leaden, winter sky: 鉛色をおびた低い冬の雲のどこかで
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 40
winter when we have no flowers to look at: 眼を慰めてくれる花のない冬
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 12
It was well into the winter of my second year in middle school: 中学校二年生の冬が深まさった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 42
an unusually mild winter: 珍しくあたたかな冬
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 297
over the winter: 一冬かけて
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 205
in the pale winter sunlight of ...: 冬のうすら陽の当る(場所)で
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 66
remind sb that winter is on its way: 冬が近い、と(人は)思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 354
a touch of winter rests on ...: 〜に冬がある
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 218
a winter survivor: 冬越しをした〜
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 161
winter’s wait beneath the snow: 雪の下でじっと耐えていた冬
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 172
it is well into the winter of ...: 〜の冬が深まさる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 42cast
cast for the Winter Play: 冬の学芸会で劇に出る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
Winter was already waiting, its warnings everywhere,: 冬はすでに待機中で、その気配はいたるところにあった
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 358