witness   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜なのを見る
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 8
〜を見るがよい
   
<例文なし> オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 21

している
   
the last few decades have witnessed an accelerating consumption of AA: 過去二、三十年間、〜の消費が加速度的に増大している ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
ながめる
   
witness a catastrophe from hilltop: 丘の上から惨事をながめる マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 107
わかる
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 31

見せられる
   
bear witness to ...: 〜を見せられる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 468
見る
   
witness the coming of age of sb: (人の)成長を見る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102
証人
   
turn witness against sb: 検事側の証人として出廷する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 374
star witness: 重要証人 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 400
material witness: 重要証人 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 425
have XX witnesses to sth: 〜の証人XX人を確保する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 478
critical witness: 重要証人 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
call sb as a defense witness: 被告側証人として(人を)召還する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 477
bring witnesses into the grand jury room: 証人たちを大陪審法廷に出頭させる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 204
a government witness with immunity: 免責つきの政府証人 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 156
証人になる
   
witness any interviews: 会見の証人になる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
情景にぶつかる
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 198
目にする
   
witness ...: 〜を目にする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 128
the ugliest arguments anybody have ever witnessed: これまで誰も一度も目にしたことのないような痛烈醜悪な口論 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 90
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 423
目のあたりにする
   
live long enough to witness ...: 〜を生きて目のあたりにする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 77
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 78
目の当たりにする
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 118

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

witness sth with one’s own eyes: 眼の前で見ている
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 23
step into the witness box: 証人に出る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 435
heaven is my witness: 天に誓って申します
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 240
begin an excited account of what one witnessed the night before: 昂奮して昨夜の逐一を話してきかせる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
be too nervous to bear witnesses: あまり不安でたまらないので、だれにもそばにいてもらいたくない
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 84
as witness sb’s impulse to buy ...: 〜を買おうというのが、そのいい証拠だ
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 13
as if one is witnessing something quite fabulous: まるで珍しいものでも見るように
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 147
witness the coming of age of sb: (人の)成長を見る
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102
throw a protective shield around witness: 目撃者の身辺をしっかり警護する
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 27
immaculate and unimpeachable witness for the Crown: 忠誠無比、廉潔無類の陛下の証人
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 116
a witness to the dumping: 死体遺棄を目撃した者
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 19
fling the question at sb as though cross-examining a witness: 詰問するようにはげしく問いつめる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 73
witness the following sight: それを見てしまう
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 97
incompetence of the witness: 証人の証言能力の有無
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 395
be witness involuntarily, to ...: はからずも〜を目撃する
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 41
really lost a valuable witness: ほんとに惜しい証人を死なせてしまった
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 81
not unlike a reluctant witness: あまり証言したくはないという証人のような、気の進まない面持ちで
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 104
The defense may now question the witness: あとはどうか弁護人のほうから訊いて下さい
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 398
perch precariously on the edge of the witness chair: 証人席の椅子に、納まりわるげに浅く掛けている
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 110
He hoped to bring about a struggle between his client and his witness: 彼は被告と証人の間に、この戦いを提起することを望んだのである
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 407
witness the ultimate test: 正体がわかる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 31
be useless as a witness: 目撃者の資格なしと判断される
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 8