won’t   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

不満だ: won’t
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 68
筋肉が、こういう緊張にくりかえし耐えうるつくりになっていない: sb’s muscle structure just won’t take that strain time after time
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 305
〜するやつなんか、ひとりも生かしちゃおきませんよ: there won’t be anybody left alive to do
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 253
わざわざ来た甲斐があった: won’t have wasted one’s time coming all this way
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 379
付き合いきれない: won’t get along with sth
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 24
わたしの知っているところにいけばおどろくほど安い: I know another place so cheap you won’t believe it
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 64
ごちゃごちゃした質問に答える必要も生じない: won’t have to answer any questions about ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
簡単にはひきさがらない: won’t take no for an answer
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 63
いっぱいまで巻き上げる: it won’t turn anymore
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
(人と)あまりお付き合いがない: won’t have anything to do with sb
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 334
いぶかしげな表情をしてしまう: won’t exactly approve of ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
まあ、聞くだけ聞いておきましょう: I won’t kill you for asking
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 398
当局の目を逸らすため: so that the authorities won’t get suspicious
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 16
わかる相手じゃあねえ: those bastards won’t listen
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 192
君のきれいずきもたいしたことはないね: your tidiness won’t bear much strain
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 137
(人の)素行に関してほじくればいろんなあらも出てくる: one’s moral won’t bear much investigation
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 145
信じないと思うけど: you won’t believe it
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
おどろいてはいけないぜ: you won’t believe this
池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 134
びっくりするぜ: you won’t believe sth
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 387
警察にたのむなんてまだるっこいことはしないからね: I won’t bother complaining to the cops
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
テーブルに茶碗も置けない: the bowl won’t stay put on a table
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 111
(人の)お気に召すような勝者になりおおせるつもりはない: won’t bring off a winner to suit sb
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 60
金たわしを使えば片づく程度の汚れだ: nothing there a little steel wool won’t take care of
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 372
この決着をつけるまでは引き下がらん: we won’t rest until we clear all this up
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 43
いいかい、背中にしっかり眼をつけとくんだよ: you won’t see me coming
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
傷を人に見られる恐れもない: the cut won’t show
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
じたばたしてもいいことはない: cutting up won’t get me nothing
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 145
痛くも痒くもならない: won’t have any pain or discomfort
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 247
〜では話にならぬ: won’t do any longer
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 48
だめだ: it won’t do
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 224
困るよ: it won’t do
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 225
手紙じゃ用は足りない: merely writing a letter won’t be enough
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 113
(人の)前で恥をかきたくない: won’t be shamed entirely with sb
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 222
あまり気が進まない: won’t feel very much like sth
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 104
ぴりっとも感じやしない: positively won’t feel a thing
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 346
〜に指一本ふれさせない: won’t let sb lay a finger on ...
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 267
〜なんて世の中に掃いて捨てるほどいて、なにも〜が初めてってわけじゃない: be not the world’s first ..., and one won’t be the last
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 128
鳴かぬなら鳴かせてみしょう: if it won’t move, force it
〜など、もうこれっきりにしてもらうぞ: won’t stand ... forever
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
恩に着るよ: I won’t forget it
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 293
お前なんざイチコロだぞ: you won’t be fuckin anybody
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
このままじゃすまんぞ: you won’t get away with it
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 76
ふところへは一文も入らない: won’t get a penny
池波正太郎著 フリュー訳 『後は知らない』(Master Assassin ) p. 174
いつまでも晴れない雲: a cloud that simply won’t go away
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
それはやめたほうがいい、と答える: tell sb that won’t be a good idea
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 42
(人の)ご機嫌をそこねない: won’t raise sb’s hackles
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 114
(人の)手がぴたっと止まらない: sb’s hands won’t keep still
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 233
たぶん、造作もないだろう: that won’t be too hard
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 248
相手にはしてくれはせん: won’t have sb
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 227
(人は)仲間はずれだ: they won’t have sb
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 31
こんなところに長居はいかん: won’t stay here long
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 564
あんまり時間がかからなきゃいいんですけど: I hope ... won’t take long
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 291
「知らぬが仏」という言葉: what she doesn‘t know won’t hurt her
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
(人に)妙な真似をさせてたまるものか: I won’t let sb hurt you
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
おまえには指一本触れさせないよ: I won’t let sb hurt you
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
とって食いはしないから: I won’t hurt you
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 410
どうしても聞き入れてくれない: just won’t listen
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 6
一週間でアブなくなる: won’t last much more than a week
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
まだ(〜に)懲りぬのか: won’t you ever learn?
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 123
明日はもうお別れね: you‘ll be leaving in the morning, won’t you?
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
嫌がる: won’t let
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 387
ぶんムクれる: won’t like that
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 24
容易に傍のもののいう事を聞かない: won’t listen to us
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 119
そう時間はかかりません: I won’t be too long
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 56
そろそろしびれを切らしている頃だろう: won’t wait much longer
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 154
いますこしの辛抱じゃ: it won’t be for much longer
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 125
かわいそうにアメリカはちらりと拝ませてももらえない: the poor old Americans won’t get a look in
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 225
損はさせない: you won’t be a loser
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 13
やばいな、あいつはぶんムクれるぜ: Man, he won’t like that
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 24
何も影響ない: it won’t matter any
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 34
それでいいんです: it won’t matter
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 126