wound   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ひどく傷つける
   
wound with one’s tongue: 言葉の力で人をひどく傷つける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294

気を悪くする
   
seem surprised and almost wounded at their ignorance: あきれ顔で、一同の無知さ加減に気を悪くせんばかりだ ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 99
   
the wound deepens: 傷が深まる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 200
sb’s wounds have never healed: (人の)傷あとがちゃんと塞がっていない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 431
sb’s wounds are open: (人の)傷あとがぽっかりと大きく穴が開いている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 431
傷つく
   
no one can survive childhood without being wounded: 何も傷つかずに育ってくる人間はいない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 158
傷口
   
stop the bleeding oneself covering sb’s wounds with one’s hands: 必死で傷口に手を当てて、止血する 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 40
open wound: ひらいた傷口 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 263
a muddy wound: 泥に汚れた傷口 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 87
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 261
怖ろしい傷手を与える
   
due to a desire to wound sb: (人に)怖ろしい傷手を与えたいため 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 141
怖ろしい痛手を与える
   
wound sb: (人に)怖ろしい痛手を与える 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 141

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wound sb dangerously: (人に)重傷を負わせる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 314
exit wound: 射出口
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 471
be pretty tightly wound: かなり張りつめた人間だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
be wound fast with ...: 〜をぐるぐると巻きつけられる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 12
It's only a flesh wound: ほんの表面的な傷よ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 186
Gratifyingly, there was no exit wound: いいあんばいに射出口はあかなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 471
They just came down on orders and wound up together: 当直の命令を受けて、たまたまいっしょになっただけだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 22
profoundly wound sb: 容赦なく(人を)傷つける
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 195
stare wound wildly: 血走った目であたりを見渡す
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 483
a sucking chest wound: 苦しむ胸の傷
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 53
be wound up tight: びしっと決める
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 137
be wound up so tight: 肩に力が入りすぎる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 109
get sb wound up: (人を)挑発する
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 456
be wound up: 目が冴える
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 210