wrong   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あまりふさわしくない
   
play the wrong compositions at practices: 練習にはあまりふさわしくない曲を吹く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 347
あらぬ
   
point the wrong way: あらぬ方向へ向ける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 78
おかしい
   
things get headed in the wrong direction with ...: どうも〜の様子がおかしい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 50
something is wrong with ...: (人の)様子がおかしい タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 129
know something is wrong: どうも何かようすがおかしいと思う シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 62
feel something is wrong with you: おかしいのはそっちじゃないか プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 22
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 118
おかしな
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 18
お目当てではない
   
the wrong one: お目当てではないほう ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 226
お門違い
   
wrong person to ...: (人に)〜するのはお門違い ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 187
If that's sarcasm, you're wrong: 皮肉のつもりならお門違いよ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 162
きな臭いこと
   
if there’s anything wrong: 何かきな臭いことがあるんなら ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 145
そうではない
   
be wrong: そうではなかった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 110
そぐわない
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 487
ただごとではない
   
look wrong: ただごとではないと知れる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 430
ちがう
   
wear the wrong sort of fatigues: 着ている戦闘服がちがう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20
ちぐはぐな感じ
   
taken all together, it was wrong: 部屋全体が、ちぐはぐな感じがする キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 120
ついてない
   
be wrong from the first moment: はなからついてない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 257
どうということはない
   
nothing is wrong that one know about: べつにどうということはない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 35
ならん
   
wrong answer: それでは答えにならん クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 582
まずい
   
wrong idea: それはまずい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 91
have something wrong with ..: 〜に何かまずいことがある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 256
guess that something is gravely wrong: なにかよほどまずい事態になっているのを察する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 494
can tell something is wrong: 何かまずいことが起こったらしいと(人が)感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 477
まずいこと
   
Is there something wrong: あんた、なにかまずいことでもあるのか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
まちがい
   
be putting ... the wrong way: (人の)解釈はまちがいだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
まちがう
   
may be wrong about sb: (人に)関する自分の判断がまちがっていないとはいいきれない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
まちがった
   
get oneself in Dutch with wrong folks: まちがった人たちを敵にまわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
まちがった道を
   
go wrong: まちがった道を行く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
まちがっている
   
use the wrong ...: (人の)〜選びがまちがっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
みこみちがい
   
have been wrong when one think ...: 〜と思うのがみこみちがい 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 84
もうひとつの
   
in the wrong category: もうひとつの分野で プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 169
よくない
   
something had gone wrong: 何かよくない事態が起こった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 84
ろくでもない
   
do a wrong thing: ろくでもないことをする ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 80
わるいこと
   
terribly wrong: 相当わるいこと スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
わるさ
   
do something wrong: なにかわるさをする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97

ヘマ
   
do something wrong: ヘマをやる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 75

悪い
   
what could possibly be wrong about that?: 〜して悪い理由がどこにあろうか 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 289
there is no question of right or wrong: 善いとか悪いとかいわぬ 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 85
something is wrong: 何か悪いことがある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 437
fall in with the wrong crowd: 悪い仲間の手に落ちる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
be in the wrong: 悪い 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 17
悪く
   
get sb wrong: (人を)悪くとる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 163
悪の道
   
go wrong: 悪の道にふみだす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 69
違う
   
go wrong: 違う方向に展開する オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 18
calender is wrong: 日付が違っている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 110
過ち
   
do something very wrong: とんでもない過ちを犯す セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 348
could not do anything wrong it seemed: あれほどひどい過ちはほかになかったような気がしてならない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
怪しい
   
I don’t think there’s anything like that wrong with sb: (人に)関する限り、そういう意味で怪しい点はなかったと思う セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 125
勘ちがい
   
be fucking wrong here: 完全な勘ちがいだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 107
間違い
   
almost certainly wrong: まず十中八九間違い ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 233
間違った種類の
   
wrong cop: 間違った種類の警官 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 217
間違っている
   
have been wrong to do: 〜したのは間違っていた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 317
眼鏡ちがい
   
be wrong: 眼鏡ちがい ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 292
筋ちがいだ
   
be wrong to blame sb for sth: (人を)怨むのは筋ちがいだ 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 116
健全ではない
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 206
誤り
   
be not proved entirely wrong: 果して誤らなかった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
誤る
   
be in the wrong job: 職業の選択を誤る ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 67
誤算
   
be surely wrong in thinking that ...: 〜と考えたのは、疑いもなく〜の誤算だ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 13
誤謬の
   
the wrong principle: 誤謬の原理 ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 49
合わない
   
be the wrong damn size: どだい寸法が合わない ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 97
失敗
   
go wrong: 失敗する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 254
   
right or wrong: 正か邪か デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 403
it goes beyond right and wrong: これは正邪を超えた問題である トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 247
出しつけぬ
   
say in the wrong sort of voice: 出しつけぬ声を出して言う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 557
早とちり
   
None of Harvey's guests dared to speak for fear they might be wrong: ハーヴェイの客たちは早とちりをおそれて、だれもハーヴェイに話しかけなかった ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 251
駄目に
   
all those investments go wrong: 投資という投資は片っ端から駄目になる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 35
大ちがいだ
   
wrong on both fronts: 両方とも大ちがいだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 262
的外れな
   
the wrong things: 的外れなもの サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 132
当たらぬ
   
how wrong he is: それがいかに当たらぬ警句であるか クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 13
馬鹿な話
   
it’s wrong that ...: 〜なんて、そんな馬鹿な話はない カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 9
迫害
   
wrong and suffering: 迫害、苦難 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 84
   
whether one is right or wrong: 理否を度外に置いても 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 192
right or wrong: 正か否か トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
right and wrong: 事の正否 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 408
all this right and wrong: 正か否かの問題 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
不謹慎だ
   
it is very wrong: 不謹慎だ リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 221
不似合な
   
seem wrong next to the sleek alto: スマートなアルトと並ぶには不似合だ エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 101
不自然な
   
... make you notice the wrong things: 〜ゆえに不自然な箇所が見えてくる エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 101
不測の事態
   
something goes wrong: なにか不測の事態が生じる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 80
不服
   
something wrong with that?: それが不服か クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 52
別の
   
the wrong dressing room: 別の更衣室 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
妙な具合だ
   
all the colors in the lounge go from slightly wrong to right: なんだか妙な具合だった店内の照明も正常な光にもどった エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 170
予定と違った
   
the wrong time: 予定と違った時間 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 144
余計な
   
make the wrong decision: 余計な決断をする デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 416