× 翻訳訳語辞典
 翻訳訳語辞典 Quiz
翻訳訳語辞典で、次の訳語をもつ英単語は何でしょうか?(基本1000語に入るような単語1語です。カタカナの訳語は除いてあります。*例文、†出典)
解答→ taste       Next
taste   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
なかなかいける
   
taste like ...: 〜に似てなかなかいける メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 262

一口
   
taste from one’s cup: 一口すする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 69
感じる
   
can distinctly be tasted in sth: (物にも)気配は顕著に感じられる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 262
感触
   
get a taste of it: 感触をつかむ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 29
興味
   
have gotten a taste of doing: 〜に興味をもつようになる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 162
苦痛
   
give sb just the slightest taste of what one is suffering: 自分が味わわされている苦痛を少しでもお返ししようとしている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 288
後味
   
a nasty taste: いやな後味 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 192
口にはいる
   
taste sth’s salty sting: 塩からい味が口にはいる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 272
口のなかに唾がわく
   
can still taste sth three days later: 三日経っても、思い出すだけで口のなかに唾がわく フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 85
口をつける
   
venture to taste it: 思いきってちょっと口をつけてみる ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 20
好み
   
according to taste: 好みに応じて ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 67
考え方
   
for sb’s taste: (人の)考え方からすれば ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 89
趣味
   
with a taste for doing: 〜を趣味とする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 387
there is an item for every taste: どんな趣味にもかなう品物がそろえられている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
possess sb’s tastes: (人の)趣味をうけついでいる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
in the best of taste: 趣味も満点 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 103
have terrific taste in some things: 物によってはすごく趣味がいい サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 247
be much to one’s taste: (人の)趣味にまったく合わない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 120
be inclined to severity in one’s taste: 唐めいた趣味を持つ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 167
上品
   
transform sb’s house into a place of taste and style: (人の)家を上品な凝った造りにすっかり改めてしまう カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 58
乗り気
   
don’t have much taste for ...: 〜することにあまり乗り気ではない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 16
   
somebody with better taste: もっと舌の肥えたやつ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 496
体験する
   
Besides, people talk better when they've tasted jail: それだけじゃない、留置場を体験した人間は、ほんとのことをしゃべるようになる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 333
珍味
   
taste so much better than ...: 〜などは足下にもおよばない、それは素晴しい珍味だった メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 249
美味
   
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 16
   
think one can still catch far back in one’s throat the fierce taste of ...: のどの奥に〜の強烈な味がまだ残っているように思われる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
shudder at the taste: その味におぞけをふるう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 177
have the taste of ...: 〜の味がする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 168
can not seem to get the taste out of one’s mouth: いまだにあの味が口に残ってるみたいでね トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
味がする
   
don’t taste right: 妙な味がする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 229
can’t taste the whiskey: ウィスキーの味がしない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 193
味覚
   
miss the taste of ...: 〜の味覚を思い出す 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 68
料簡
   
have good taste that ...: 〜とはいい料簡だ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 124
be in bad taste: 料簡がよくない ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 9
Tweet